事業を始めて起業したとき、自宅で仕事をしたという起業家が多い。

私もやはり最初に法人を設立する前に、6ヶ月ほど住んでいる東京のアパートで開始しました。

創業前段階で法人を設立する前に必要な作業を自宅で行っていました。

法人は設立していなかったが、それに先立ってやることが多いです。

まともなオフィスで創業準備できればいいのですが、家賃と付帯費用を創業ベンチャーには余裕がありません。

そういうわけで在宅起業で事前準備運動をするのが望ましいです。

法人設立のためには、必ず事業所の住所地があります。

法人を設立するために当然必要な要件です。

最小限の事業領域がない状況で、法人を出すのは、いくつかの限界があるからです。

従業員を採用する問題もそう生活空間とワークスペースが分離されないまま、本格的な事業に着手することができないせいです。

周辺に事業を行う知人がいる場合は、オフィス空間の一つで住み込みで始まるのが最も賢い創業と先輩がアドバイスします。

もちろん、そのような幸運を得る場合は多くないですが、、このように創業をする初期の実業家は、事業領域のみ借りて使うことができるといいです。

身近なところで先輩社長に起業の指導を受けることができますので、一挙両得です。

そのような特別な場合を除いて、通常コワーキングスペースと呼ばれる共同オフィスを利用するサービスがあります。

東京などの大都市には、いくつかコワーキングスペースという、いわば共同のオフィスを提供しているサービスがあります。

資本金がゆったりしている会社であれば、その必要はありません私たちのようなベンチャー企業は、開始は本当に小さく質素にするのが正しいやり方だと思います。

コワーキングスペースを使用すると、不便な点もありますがメリットが多いです。

一般的なオフィスを借りる場合、保証金が最初に必要になり大金を用意しなくてはいけません。

ところが、コワーキングスペースは家賃(管理費を含む)ので少ない負担ですみます。

机と椅子なども用意されており複合機などのオフィス機器も購入する必要はありません。

創業当初は、会社の雑用を引き受けてくれる秘書や事務補助を別々に採用することは困難。

ところが、コワーキングスペースでは、事務作業や、郵便業務などの簡単な事務補助を助けてくれるスタッフがいるので、人件費を節約することができます。

NSコワーキングスペース東京物件